年末だワッショイ。

このとおり大体終わりました。

※藍の円盤ネタバレを含みます。閲覧の際はご注意ください。

みなさまお久しぶりです。昨日仕事が納まったのでおうちでゴロゴロしています。ゴロゴロ。藍の円盤も発売3日後くらいにシナリオ終えて図鑑も完成させたのでBP集めに邁進しとります。

 

年齢層のやたら広いパルデアのアカデミーとちがってこちらは惚れた腫れたがけっこうあってシンプルにカルチャーショック受けてる。さすがイッシュは進んでるわね。

 

スカーフバサギリとすなかきドリュウズが大活躍でした。

うん……ダブルだもんで事前準備にそれはもう時間をかけたけど、スグリもそれほど苦戦もせず……当然レベルの差こそあれど「君はリーブ部の子をガン詰めしといてこんなもんなのかい……???」とちょっぴり拍子抜けしていました。

戦いに全てを投じる意志のあらわれがあのかくとうテラスの拳なんだと思うんだけど、正直ここで格闘テラスなのなぁぜなぁぜ感は否めない(一部のガチ勢にはフェアリー対策がまるでされていないことが厳しく言われてたはずだけど、基本小学生とかがするゲームなんだからある程度明確な弱点があるのはしかたないとは思う)。

 

まあそれを置いてもDLCはキタカミ鬼面衆のほうが単純に強かった気がするし、リーグ部に関してならタロちゃんが断トツで強かった。そういえばスグリ戦でぽにちゃん(オーガポン)出すと「この状況でよくも鬼さまを!」みたいな感じでブチ切れるらしいですね。おぬし、まだ引きずっていやがったのか。

 

わたしのデータではダブルという特性上今回はバサギリくんが先発で大活躍でしたね。勝手に斧振りまわしてるだけで相手への圧がかかるし、途中からメンバー入りしたすなかきドリュウズくんでお互いに強みを増すのも非常に良かったですね。カイリューだってなんのそのですよ。

 

しかし藍の円盤全体的にこれでよかったのかな……と思う話だったので内心それなりにモヤモヤは残ってますね。スグリのこともそうだが、ブルベの大人がまるで頼りにならないのは地味につらかった……ガラルの大人を見習ってくれよ……。

 

あと、シュウメイ殿。服飾デザイナーとして抜きんでるために算術を学ぶとか言っときながら見たことあるデザインをオリジナルと称してマリナードに高額出品してるだなんて……心底見損なったよ(筆者は読者が思っているよりだいぶ幻滅しています)。

そんなこんなでブルベにモヤついてたら番外編が配信されるそうなのでとりあえず待っていますよ。ピーチドン(ともっこ4匹目疑惑の桃の仮称)のことは明かされるのかしら。